■4月1日(土)

4月馬鹿なネタをのんびり見てやろうとも思ったのですが、
旧友たちと花見へ行ったりそのノリでカラオケ行ったりとで。
気がつけば日付変わってしょんぼり。


疲れてるので寝
(´-`)ノシ




 ■4月3日(月)■ 五拾萬

>吉田さん50万HITおめでとうございます! by○○


とかいうメッセージが4月1日にきてたもんだから。
「はは、なかなかに面白い4月馬鹿がいたものだね」 とか思ったりしました。
本当だったようですが。   ありがとーございます○○氏

んなわけで現在50万と1千ちょっとくらいです。  だからといって何も特別なことは無いのですが。
というか本人も知らなかったもので、変な何かを用意する時間すらありませんでした。


日々、のんびり逝くのみ。




何か届いてた


(・∀・)

『終わりのクロニクル』 のドラマCDですた(・∀・)
注文していたことを完全に忘れてましたので。 なんと嬉しい不意打ち…!


正面  側面

フツーのアルバムサイズでくるものだと思ってたら、意外にもDVDケースサイズだったので
厚みも無駄にBOX仕様っぽいので。 なんていうかこの箱だけでも買ってよかったなー
とか本気で思えてきます。  痛い信者め

文庫本はサイズ比較用に置いてみました。 安定感のある本だなぁ

じっくりと聞いてみますか。


んなわけで。 またー




 ■4月4日(火)


  斗貴子






 ■4月5日(水)

斗貴子
そんなわけで『武装錬金』 最終巻となる10巻ですが。
既に読み返した回数は二桁を超えています。 うん、マジで。
それ程にこの完結編は良すぎるのです…  今日、オレは狂ってもいい……!

完結編となる『ピリオド』も加筆・修正があって既読の方でも「おぉっ!」となること間違いないですし。
ヒロイン・斗貴子 ライバル・パピヨン  その他の視点から非常に上手く描けていたと思います。
主役・ヒロイン・ライバル、この3人の柱がしっかりしてるのが面白い大きな要因かと。

それらを囲む脇役も個性が光ってますし、物語を際立ててます。
というか個性の弱い人間はこの漫画で存在できませんから。
中でも師であり越えるべき壁であったキャプテン・ブラボーと
恋敵にして戦友にして武装錬金の不遇さではトップクラス(ぉ の中村剛太は屈指の名脇役。

特に剛太は“ダイの大冒険でいうポップ”級の蝶・名脇役っぷりです。 スバラシイ


そんな『ピリオド』、非常に良きピリオドでありました。
尚ストーリーに関しては一切黙秘。テメェ等自分の眼で確かめやがれコンチクショー  ってことで。

で、コレで終わりかとおもったらページ数の関係で新規書き下ろし
『武装錬金アフター』なるものが収録されてまして、コレが本気で危(ヤバ)いっっ!!

(以下ネタバレ含)
カズキは相変わらずかっこいいくせに馬鹿だし
パピヨンは蝶人として我が道を逝ってるし。 ていうか【テン蝶】って何さw
斗貴子さんは今やツンデレの模範生ともいえる恐ろしいまでのデレっぷりを披露。
そして謎だった斗貴子さんの過去についても触れられてるし。
バイトの娘も涙ぐましいまでに成長。 立派になったなぁ……
華花ちゃん(誰の事かは読んだヒトだけの秘密)は予想通りというか
予想の遥か斜め上を逝く素敵キャラでしたし。
なんつーかあの1コマだけでこの漫画を買った意義があったというものです(ぉ
剛太は脇役にとどめておくのが惜しいくらいに“いい男”になってるし。
若宮千里嬢――あ、ちーちんの事ね――も今後を期待させる表情を魅せてくれましたし。


正直に言うと、このノリで学園ラブコメとかやったら本気で面白そうなんですが。


例えるなら『武装錬金 〜鋼鉄のガールフレンド〜』 みたいな?
あるいは『武藤カズキ育成計画』で(マテ

つーか本気でそんなアフターを妄想してしまう程に。
(ネタバレ終)

たいへん良き漫画でした。




 ■4月7日(金)

大変だ。 戦国BASARA2に新キャラがまた二人

追加されたのは『豊臣秀吉』と『竹中半兵衛』。
どちらも有名、とくに前者など歴史的にも知らないヒトは居ない位の
有名人ですし、こういったゲームに登場するのはよくわかるのですが。

何故にキャストが石田彰置鮎龍太郎ですか。



確かに戦国BASARAは歴史馬鹿アクションとしてだけでなく、
とある方面の女性からも熱烈な支持を受けていますがこれは少々狙いすぎではないだろうか?

私はカプコンに一言だけ申したいと思います
「ブラボーだ」(マテ


一応、声優の名前だけじゃわからないヒトに補足しておくと。
石田:アスラン・ザラ   置鮎:手塚ゾーン

これで当サイトを閲覧してるようなヒトなら概ね理解できたと思います。




 ■4月8日(土)■ お出かけするので早めに更新

昨日の更新に対してコメントというかツッコミが

>それでも御館様が一番でごさりまするぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅううっ!

吹いた。


確かに置鮎×石田というのも捨てがたいですが。
我らが武田軍・真田幸村を忘れてはいけない。向こうが正義でもコッチはフリーダム(ぉ
というか幸村のお館様ラヴっぷりは誰の眼にも可愛くとまるものですし(反論は却下)
やはりここは玄田×保志が最恐ってことで。



何か小包が届いた

タイコーボー

開けたらタイコーボーがいました。
返ったら中身を確認しようと思います。

ではまた。



 ■4月9日(日)

タイコーボー昨日のアレ

封神18 完全版
中にはフツーの本も入ってました。

あとお人形さんが。

かわいい  ステキ

この微妙さ加減は如何なものだろう?

手足の関節には綿の『わ』の字すら見当たらないその手抜きっぷり柔軟さ
本気にとってつけた感しかしない眼といい『太』といい…
加えてオプションの桃がさらに微妙さを際立ててます。

まぁ、ある意味でこのくらいしょぼい作品が正解なんだと思いますが。
だってタイコーボーだし。

完全版の記念としては許せるレベル。
部屋には飾るスペースないし、 便所にでも置いてやるか(マテ



微妙な人形・筆頭と並べてみる


Web拍手とかー
>畜生・・・秀吉が西川だったなら・・・
それは何処のデスティニーですか。  や、そりゃあ、主題歌は今回も西川であって欲しいですけど。
個人的には置鮎でもぜんぜんおっけ(何

>ここは腐女子にも優しいサイトですね。色んな意味で有難くて涙が出ますw
SAさん趣味にはとても寛容ですからっっ




なんて言いますか。 BLもネタとしては十分楽しめますし。 (流石に使用するのは無理ですよ?)
世界(貴様の周囲限定)がBLに前向きな女性が多いからでしょうか

うん、慣れた。

またあした。




 ■4月10日(月)■  新ジャンル

週末は遠方より来た友人とか、他もろもろと遊んでまして。
今回のおはなしはソレとは直接つーか何も関係ないのですが。

その時にですね。

さる御方から。 何か渡されました。






LOVE DROPS
『LOVE DROPS〜みらくる同居物語〜』


乙女ゲー なんだとか。





(;´―`)

要は主人公が女、ヒロインが男になっただけでフツーの女性向けエロゲって事でいいのかな?
女性向けって時点で男性視点では“フツー”の枠組みから外れてるかもしれんが。

兎角エロゲとも違えばBLでもないわけで。
まぁ、最優先でプレイしてみます(ぉ




そしてこのソフトがAmazonで売ってることに驚きを隠せない やっぱり需要あるってことかなぁ…




 ■4月14日(金)


小休止





 ■4月15日(土)■ 一目見ただけでわかる

西尾×橋本×鈴木

読み物がどうみてもヲタクです。ほんとうに(ry

クビシメロマンチスト 西尾維新
読みやすいのか読みにくいのか判断しにくい作品です。
私的には読みやすいのですが。 イカれまくった登場人物たちの会話とかが
ほんとうに意味を持たない戯言ですから。 そういう意味でものすごく評価が分かれそう。

もっとも、続編なので気に入らなかったら前回の時点で読むのやめてるでしょうが。

主人公はじめ、潤ちゃんやら殺人鬼やらその他人物のイカれっぷり
…とはいっても某川上作品みたくギャグではなく、本気で正気を保ってない人間ばかりなので
そういった人間の戯言なら楽しめる  という狂った方は読んでみてもいいやも


おあいにくさま二ノ宮くん 1 鈴木大輔
絵買い ―――内容? はて、そんなもの必要でしょうか(マテ

まぁ、内容はフツーのライトノベルレベルだと思いますよ? 内容薄いとか思う方は絵と脳内で補正しましょう
…いや、なんつーか “悪い作品ではない”
でも外伝なんかいいから本編やれよとも思う。



半分の月がのぼる空 6 橋本紡
ぶっちゃけると前・5巻で物語そのものは完結してしまってるので。
この巻まるまる1冊が『武装錬金アフター』みたいなもので。
読む前は激しく不安だったのですが。
いざ読んでみるに。
どーにも気に入ってるらしいですよ?

こういう何気ない日常(とはいえかなりアレな現状ですが(アレって何だ))
をしっかり書いてる作品は好きです。 

最初はあまり興味のあるジャンルじゃなかったんですけどねー
読んでみると中々、味が出てくるもんだ。



広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット