―――――衝撃を呼び覚ませ(リローデッド)
        革命(ハッテン)は近い―――――






















          「この夏、俺は変われるだろうか……」







SEEDいちの芸人 主人公:ディアッカ=エルスマン

大学生



「愛のカタチなんて、人それぞれだとは思わないか?」

























          笑わせるなよ







俺のこの手が真っ赤に燃える ヒロイン:イザーク=ジュール篤志

イケメン(後に傷モノに)



「男の尻ん中しかイケないアンタが…結婚だ?
最後は、入れられなきゃ満足できねェだろうが!?」

























          なに言ってるの……ほら…元気だして!
                         イケメンが台無しよぉ。






果たして、覆面の上から目線を入れる意味はあるのか!? ラウ=ル=クルーゼゴンちゃん

ゲイバーのママ(notゴレンジャイ)



「去る者は追わず!来る者拒まずでしょ!
アタシ達はプロよ!あんな馬鹿ほっときなさい!」


















そして運命の歯車は回りだす














「チィッ 素早い… 回り込めェ アスラァーン!!!」
※脇役A   兼ヴォーカル

















「ココには……トモダチがいるんだ!」
※脇B    寝取りが得意な人





「キラタソ(;´Д`)/ヽァ/ヽァ」
※脇C    ある意味ヒロイン








画像はイメージです「そう、それでいいんだ…キミは私の言うとおりにすればいい…」
※リーマン  もはや説明不要










「どけぇディアッカ!ソイツは俺がァーーーッッ!!!」






     
「貴様はそうやってのうのうと生きてるだけでいいんだろ?」

「やらないか?」


      
「どうだっていいだろ!そんなこと!?」


「自分がイケメンだからって、調子に乗るなよ」



   
「馬鹿は馬鹿らしくしてればいいさ」












「お前は…変わっちまったんだな」









ただひたすらに足掻いた そんな二週間

















「少しはワタシのことを信用しなさい!」





「俺は地球軍でもザフトでもない!」





画像はイメージです
「残念だよアンダーソン君キミには期待していたんだが。」



「おのれストライクゥ!!」






「お前…まさかクスリを………!?」




















「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・軽蔑したか?」









※クスリ漬けなのは←の方ではありません、あしからず
















「ああ、何度も言わせるな…」


「好きだって…そう言ったんだよ……!」










――炎多留レポ 最終章――














































「ディアッカ……
 俺は……貴様をっっ…」




















炎多留レポ
Revolutions




近日公開未定


広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット